×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フランチャイズとは

フランチャイズとは、ビジネスモデルの一つです。有名企業の商標を看板に掲げ店舗を展開し経営するスタイルになります。また、その経営に対してのアドバイスなどノウハウを提供してもらい、その対して契約上で定められた支払いをします。いわゆるロイヤリティです。これにはさまざまありますが、売上に対してのものや経常利益に対してもの、または固定的に設定しているものなどさまざまです。一般的には提供する側を、フランチャイザー(本部)と呼び、受ける側をフランチャイジー(加盟店)と呼びます。この流れで多店舗展開をしていることをフランチャイズチェーン(FC)と呼んでいます。よく目にするのがコンビニエンスストアなどの小売業やファーストフード、またラーメン店など飲食にまつわるもの外食産業というくくりです。そのほか、不動産業、自動車販売業、ホテル業などサービス産業全般にこの経営スタイルが浸透しています。

フランチャイズの利点・欠点

フランチャイズでの経営が、これほど広がったのには当然いいところがあるからですが、それはフランチャイザーにとってみれば、ローリスク・ローコストでありながら全国に展開することができる。その結果ブランド力が高まる。また、ロイヤリティ収入が見込めるので安定した経営をできるという好材料があります。フランチャイジーにとってみると、全く何もないところから、ブランドを借りつつノウハウを使うことができるので開店してから安定的な経営をおこなうまで短期間で達成できる可能性が高くなります。最もそのオーナー次第ではありますが。フランチャイズでの欠点は、加盟店がわの経営能力のクウォリティが違うことで商品の提供に影響を及ぼす可能性がありブランドに傷がつくリスクがある。フランチャイジーの場合、開業に資金がかかる点、赤字経営でもロイヤリティーの支払、独自展開の規制などが足かせになるリスクを抱えている。

フランチャイズの問題点

フランチャイズを展開している中で、目につくのは飲食店やコンビニエンスストアなど街の至る所に存在しているので、安易にフランチャイジーになるケースがあるのだが、これは非常に危険な経営であることを理解しないといけない。現実に裁判になっている問題が多数ある。契約時の内容にも問題があることもあるのだが、何といってもフランチャイジー側の知識や情報のなさが悲劇を呼ぶようだ。たとえばフランチャイザー側の話と実際の売上が伴っていない、複数年契約を結び赤字経営のなかロイヤリティを払い続けないといけない。契約があるために経営を止められない。など実際に加盟店側で苦しんでいるところがかなり多い。煽る形で加盟店に引きずり込むようなフランチャイザーの責任はかなり重いが、まずビジネス・経営というスタンスをはっきりと持たないオーナーは加盟するべきでないということをよく理解しなければいけない。

Copyright © 2007 フランチャイズ異論反論